兵庫県たつの市に醤油で創業したブンセン株式会社は、ユニークなネーミングと独特の商品開発で注目される食品メーカーです。

先輩たちの声

先輩たちの声

ブンセンってどんな会社と思っている方へ。

入社して一年目からベテランの先輩たちまで、生の声を取材しました。

 

お客様との架け橋に

大海未波さん   (営業部  2016年入社)

食品会社で働きたいと思い、地元企業であるブンセンを志望しました。

現在はスーパー様の営業担当をしています。新商品だけでなく、売場や販促の提案を行い、お客様の課題解決のお手伝いをできるようにと日々走り回っています。試食販売の時に、「ブンセンのお惣菜はどれもおいしい」と言っていただいた時はとてもうれしかったです。

バイヤー様や先輩方の話をよく聴く事が課題解決への近道だと感じています。そのうえで、自分の意見をはっきり伝えることが大切だと思います。

自分の企画した商品が、1品でも多く店頭に並ぶように頑張ります。

 

一緒に頑張りましょう

岸野舜輔さん   (第3製造部1課 2016年入社)

地元で働きたいという思いがあり、昔から知っているブンセンを志望しました。

現在はLL惣菜の製造部門で、原料の釜炊き等を担当しています。慣れないうちは、自分だけで判断せず先輩方に確認をしながらすすめるようにしています。学生の頃とは違い、責任もあり大変なこともありますが、その分、初任給で両親を食事に連れて行けた事はとてもうれしかったです。

知識や経験を重ね、現場を指揮出来るようになりたいです。

 

 

仕事を任される人になりたい!

島田順平さん   (開発部 2016年入社)

『アラ!』をはじめとする、のりつくだ煮の商品開発を担当しています。子供の頃から食べていた、ブンセンの看板商品である『アラ!』の開発に携われたことに何よりもやりがいを感じます。

仕事をすすめるにあたり「自分とは関係ないから」「今までずっとしてきた事だから」と線引きをせずに、常に「なぜ?なぜ?」と問題意識を持って行動するようにしています。また、仕事を任せてもらえるような、信頼関係の構築を目標に責任感を持って行動するようにしています。

 

 

活気がある職場です

西脇勝彦さん   (開発部 2016年入社)

元々食に興味があり、地元に根付いているブンセンを志望しました。

今は、製造工程の改善に取り組んでいます。どんな条件が最適なのか仮説を立て検証を繰り返しています。うまくいかず、仕事は楽しい事ばかりではないと考えていた時期もありましたが、イキイキと働く先輩方を見て、楽しもうとする姿勢が大切だと気づきました。

今後も色々な経験を積み、たくさんの事を吸収していきたいです。

 

 

安心 安全でおいしい商品を

春木亮二さん   (第3製造部1課 2016年入社)

食品関係の仕事に興味があり、昔から地元にある慣れ親しんだブンセンに入りたいと思いました。

現在は、調味液を作ったり、材料の野菜などを炊いています。扱っているのが食品なので、特に衛生面には気をつけて作業しています。

今後は、食品製造の知識を深め、職場で使っている機械の事も勉強したいと思っています。

 

 

情報共有でチームとして成果を上げる

平谷直也さん   (営業推進室 2016年入社)

現在は、製造部・販売部・開発部などの各部署の間に入りサポートや調整を行っています。商品の種類が多く、業務の幅も広いので最初はとまどいもありましたが、周りの先輩方に丁寧に仕事を教えていただいているので心強く感じています。

他部署からの問い合わせにもすぐに対応出来るよう、「ほう・れん・そう」をしっかり行い、チーム内での情報共有を大切にしています。

日々勉強ですが、多くのことを学ぶことができる環境は魅力でもあります。より良いサポートができるように頑張っています。

 

時には冷静に

福島成哉   (第3製造部2課 2016年入社)

料理をつくるのが好きで興味があったので、食品会社を志望しました。

製造部で商品の箱詰め、殺菌、冷却、梱包の機械オペレーター等を担当しています。

忙しい時こそ冷静にひとつひとつ確認しながら作業することを心がけています。

上司や先輩の方ともコミュニケーションがとりやすい環境だと思います。上司からほめられた時はうれしかったです。

 

目の前の仕事を大切に!

松本光央さん   (第2製造部3課 2016年入社)

主にスーパー様向けの『ひじき煮』と『切干大根』などの惣菜の調理を担当しています。特に『ひじき煮』は主力の商品でもあるので、製造量が多く、かつスピーディーな作業を求められ、どのようにすればうまくできるかいつも考えながらしています。

任された仕事を計画通りにできた時はやりがいを感じます。何事にも目標を持つことが大切ですが、何が出来て何が出来ていないかを振り返るのも大切だと思います。

今後もスキルアップができるように毎日頑張っています。

 

 

アットホームな会社です ぜひ一緒に働きましょう

三木彩香さん   (開発部  2016年入社)

幼い頃からブンセンの『アラ!』『塩っぺ』には馴染みがあり、今でも大好きな商品です。

慣れ親しみのある商品のもとで働いてみたいと思い志望しました。開発部で主にお弁当のレシピを考えています。自分の考えたお弁当をお客様が手に取って頂いたところを見た時は、とても嬉しかったです。

おいしいのはもちろんのこと、栄養バランスや彩りを考えると、なかなか良いアイデアが浮かばないこともあります。

新たなテーマ、コンセプトのもと、バラエティーあふれるお弁当を商品化したいです。

 

笑顔とやる気!

芳林秀則さん   (販売部 2016年入社)

営業の仕事がしたいと思い、幼い頃から『アラ!』を食べており、身近な会社だったので入社しました。

現在は販売部の一員として、主にスーパーや問屋様への営業をしています。『アラ!』『塩っぺ』などブンセンの商品を多くのお客様へお届けするという使命感を持って活動をしています。関係部署との打ち合せなどを重ね、初めて商品の導入が決まったときはとてもうれしかったです。

営業は個人プレーと思われがちですが、決して一人ではできない仕事です。ブンセンの商品を店頭に並べていただけるよう、くじけず、あきらめず、最後まで責任を持って取り組みたいと思います。

これからも、もっと多くのお客様に商品お届けできる様に頑張って行きます!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

 

様々なチャレンジを通して成長を実感しています

橋本 奈美さん (営業部   2015年入社)

地元の食品会社で、若手にも様々なことにチャレンジさせてもらえるという点で志望しました。今は、LL惣菜の受注や在庫の状況を確認し、製造や出荷指示を出しています。LL惣菜に関わる全ての事務作業もしています。自分が製造から出荷まで携わった商品が全国で販売される事にやりがいを持っています。計画を立てて、効率的に仕事をすることと、会社のことを知るために他部署の方ともコミュニケーションを取るように心がけています。今後は、何事にも正確な判断で素早い対応ができるようになり、様々なチャレンジをして、人から頼ってもらえるくらい自信を持って行動できたらと思っています。

一緒に頑張りましょう

森田 恵利奈さん  (第二製造部  2015年入社)

『アラ!』を食べた時おいしかったので、食品の製造に携わりたいと思いました。今は詰め場で作業の段取りをしています。先輩従業員の方に褒められると嬉しいです。今後はもっと効率よく仕事を進め、ミスをなくす事を目指しています。

 

 

ブンセンで働いてみませんか

瓶内 絢香さん  (第二製造部  2015年入社)

食品関係の仕事に就きたいと思った時に、馴染みのあるブンセンを思い志望しました。今は前処理で、野菜の洗い、カット、選別を行っています。先輩社員の方とも積極的に、コミュニケーションをとる事が仕事では大切だと思います。まだまだ未熟で失敗することもありますが、これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

フットワークを生かして

山本 春奈さん  (営業部   2014年入社)

就職活動をするにあたり、持ち前のフットワークの軽さや 行動力がブンセンで生かせると思い志望しました。 現在は大阪のスーパー様を担当しており、惣菜や弁当の新商品を提案しています。 ブンセンでは、新入社員のうちから様々なことにチャレンジできるため、 毎日がとても充実しています。 まだわからないことも多く、日々勉強ですが、 質問や相談に乗ってくださる優しい先輩ばかりでとても心強いです。 自分の提案した商品が一つでも多く店頭に並ぶように努力し、 一日も早く一人前になれるよう頑張ります。

 

笑顔で明るく元気よく

中野 絵里さん  (経理課   2014年入社)

短大で食物栄養学を学び、「地元に根付いた企業で、食品会社で働きたい!」 という理由でブンセンに入社しました。 現在はお客様の受付業務・伝票整理を担当しています。 分からないことがあると先輩方が丁寧にわかりやすく教えてくださるので とても心強く感じています。 お客様に接するときは、「常に笑顔で明るく元気よく」を心がけています。 マナーや言葉遣いなど、まだまだ勉強することが沢山なので、日々成長していけるよう 頑張ります。

 

責任とやる気

南 伸哉さん   (第一製造部   2014年入社)

大学では農学部で施設園芸学を専攻していました。 以前から食品業界に興味があり、地元の方たちに愛される企業である ブンセンに魅力を感じ入社しました。 自分が携わった製品がスーパー様で販売されるのを見ると やりがいと同時に安心安全でおいしい製品を作らなくてはという責任を実感し、 やる気につながります。 今はまだ先輩方に指導やフォローをしていただきながら 仕事をしていますが、早く一人前になれるように頑張っています。

 

携わった商品がスーパーに

樋口 千紗さん  (開発部   2014年入社)

地元の食品を扱う会社という点でブンセンを志望しました。 現在はスーパー様との商談時に提示する新商品などの開発を行っています。 自分が携わった商品が実際にスーパー様で並んでいると思うととてもうれしく思います。 開発の仕事は様々な知識を必要としますが、わからないことがあると先輩方が 優しく教えてくださるのでとても助かっています。 今後は多くの職場の方々ともコミュニケーションを取り、いろいろなことを吸収していこうと思います。

 

広い視野で取り組む

清水 雄真さん   (福岡工場 製造課   2014年入社)

幼いころから慣れ親しんだ味の『アラ!』や『塩っぺ』に触れ、 ブンセンで仕事をしたいと思い、志望しました。 自分がかかわった商品がコンビニやスーパーに置いてあるのを見ると うれしくなってつい手にとってしまいます。 入社するまでは食に関する知識や経験がなく、入社してからは新しい ことの連続で日々多くのことを学んでいます。 今後は様々な経験を積み、広い視野で仕事に取り組みたいと思います。

 

多種多様な見方を

菊池 洋志さん   (開発部   2014年入社)

食べることが好きで食品会社に興味を持っていたため、 地元企業のブンセンを志望しました。 のりつくだ煮のアラ!工場で調合の仕事を学んだ後、 現在はお惣菜の製造現場で働いています。 新商品が続々と誕生するところから会社の成長を実感して、 その中で働く自分もどんどん成長しているところにやりがいを感じます。 今後も多くの職場を経験することで 多種多様な見方ができるようになりたいです。

 

助けてもらいながら、学びながら

生木 香菜さん  (第二製造部   2014年入社)

小さいころから『アラ!』や『塩っぺ』を食べていて地元に根付き 愛されている、私にとって身近なブンセンを志望しました。 現在は弁当、寿司、おにぎりを製造する職場で働いています。 分からないことや戸惑うことが多いですが、上司や先輩に助けてもらいつつ 製造はもちろん、衛生管理、作業効率の向上など、様々なことを学びながら 一生懸命仕事に取り組んでいます。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

積極的にチャレンジ

中西 寛文さん   (開発部   2013年入社)

大学では食品工学を専攻しており、食品を同じ品質で 安定供給していくシステムに関心がありました。 多種多様な商品と、長い歴史の中で培ってきた技術や ノウハウに魅力を感じ志望しました。 ブンセンでは困難だと思われることにでも積極的にチャレンジ出来ます。 「仕事は楽しいものではなく、楽しむもの」という新入社員研修時の 社長の言葉が今の自身の仕事への姿勢になっています。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

製造職場で学んだ知識を生かし

13.kanki[1]神吉 陽輔さん   (開発部   2011年入社)

学生時代は植物栄養学を専攻していました。 食品会社に興味が有り、『アラ!』や『塩っぺ』を子供の頃から食べていたことから志望しました。商品の開発には、実際の製造現場での調理作業も必要となります。 開発の仕事は多くの部署の方々とかかわり、助けていただいている事を実感します。 また、商品開発では、幅広い知識が求められます。 実際に製造現場で学んだ知識を生かして、今後の仕事に取り組みたいと思います。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

立派な社員に

14.wada[1]和田 直之さん   (第三製造部   2010年入社)

たつの市で育ち、昔からよく食べていた『塩っぺ』や『アラ!』などの製造に携わりたいと思い、この会社に入りました。現在は昆布を炊く機械の操作や殺菌工程、出来上がり商品のチェックや出荷等の仕事をしています。仕事はしんどく、つらいと感じる時もありますが、やりがいもあります。失敗した時は先輩方が優しく教えてくれます。早く立派な社員になれるよう日々頑張っています。

 

プログラムを一人で

15.etou[1]江頭 功さん   (システムコミュニケーション室   2010年入社)

専門学校ではプログラムを中心に、パソコンに関することを幅広く勉強しました。現在は伝票の入力や印刷、ホストコンピュータのオペレーターの仕事をしつつ、プログラムの勉強もしています。学生時代、資格取得の為に勉強していたことが今のプログラム作成に役立っています。ただ、ホストコンピュータの操作やプログラミング言語については学校で学んでおらず、入社して初めて知ることばかりで仕事の難しさを感じています。今の目標は早くプログラムを一人で組めるようになることです。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

笑顔を大切に

17.kosami[1]小佐見 みかさん   (経理課   2009年入社)

短大時代に栄養学を学んでおり、食品関係の会社で働きたいと思ってました。 小さい頃から『塩っぺ』や『アラ!』を食べていて、好きな商品にかかわる仕事をしたいと思い ブンセンを選びました。 今の仕事は、お客様の受付業務や伝票整理です。 受付は、気配りがとても大切で、毎日緊張感を持って業務に取り組んでいます。 お客様に接する際は、快くご来社いただけるように、笑顔を大切にしています。 今後は、他の仕事も任せていただけるよう、より一層頑張ります。

 

安心・安全をお届け

18.kamei[1]亀井 郁代さん   (第三製造部   2009年入社)

お弁当・おにぎり・お寿司などを製造する職場で働いています。 始めの頃はどうしていいのか分からず、戸惑うことばかりでしたが、 改めて働くということの大変さと、いかに作業を手際よく進めることが 難しいかということを実感しています。 いつまでもお客様に安心・安全な商品を お届けできるように頑張っています。 今後は、どんどん新しいことにも挑戦しようと思っています。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

ちびっこ園に感謝

稲岡 鮎美さん  (総務課   2008年入社)

特別社員(契約社員)として入社した当時は、お客様の受付業務や伝票整理を担当していました。 その後、正社員になりました。出産を機に、産休、育休を取り、復職後の現在は総務部に在籍しています。子供を連れての出勤に不安な思いでしたが、安心して預けられるちびっこ園(社内託児所)と 職場での丁寧な指導のおかげで、スムーズに作業が出来るようになりました。 育児と仕事の両立できる環境が整っているのはとてもありがたいです。

 

 

 

TEL 0791-75-1151 9:00〜17:00(土、日、祝日を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ブンセン株式会社 All Rights Reserved.