兵庫県たつの市に醤油で創業したブンセン株式会社は、ユニークなネーミングと独特の商品開発で注目される食品メーカーです。

なるほどブンセン

創業から今日まで、ブンセン株式会社(以下ブンセン)の歩みから、「なるほど、そうなんだ」という話を抜粋しました。ブンセンのユニークさや商品開発に対する姿勢をお分かりいただけます。

nhdo1

うちもとなりもブンセン醤油
これは創業当時のキャッチフレーズです。ブンセンは、昭和9年に醤油の醸造で創業。卸売りだけでなく、「うちもとなりもブンセン醤油」のキャッチフレーズで、地元の家庭をこまめに回って、小売販売にも力を入れました。また、第一期の営業報告書には「初蔵トシテ相当良好ノ諸味(もろみ)ヲ得、発売ニ当リテモ、ウマ味充分ノ好評ヲ受ク」とあります。このように品質を第一に考え、お客様一人ひとりを大切にする姿勢は、創業当時から今日までずっと続いています。
ゲンのよい社名
社名の「ブンセン」は、寛永通宝の裏面に「文」の文字が入った種類のものがあり、これを「文銭(ブンセン)」と称し、大変ゲンがよいと当時の人たちに珍重されていました。これに由来して、醤油の登録商標とし、後に社名となりました。

醤油から海苔の佃煮、塩吹昆布へ
醤油醸造で創業、その技術を生かし、
昆布つくだ煮、海苔つくだ煮、塩吹昆布、もろみ、煮豆、昆布巻など、
さまざまな商品を展開しました。

nhdo2

昭和26年には海苔の佃煮(アラ!の前身)製造開始。昭和36年には、ブンセン昆布(旭)が農林大臣賞を受賞、同年「塩っぺ」も発売。40年代には「塩っぺ」ブームがおこりました。細切塩吹昆布といえば「塩っぺ」、「塩っぺ」といえばブンセンと言われるようになりました。

アラ!は還暦

nhdo3
海苔の佃煮が誕生(昭和26年)して半世紀をこえ、「アラ!」と命名されて40年以上になります。海苔の佃煮をお惣菜風に作ることに成功した「アラ!」はお客様の評判も良く、ブームとなりました。そのため、昭和40年代後半に台湾で偽物(ちなみに価格は半額)が見つかったことも。「アラ!」は、今も変らず人気商品の一つです。

日本初プラスチック容器入り醤油

nhdo4
創業当時、醤油といえば一斗樽(18リットル)が主流。これに五升樽(9リットル)大樽(65リットル)、一升瓶(1.8リットル)を加えたものを販売していました。その後、ブンセンは軟質ビニール2枚を成型・接着して作ったプラスチックボトル(1リットル)に日本で初めて醤油を詰めました(写真左)。後に現在の形の1リットルパックに引き継がれることになります。

ユニークなネーミング

nhdo5ブンセンの商品といえば、ユニークなネーミングで知られています。日本で初めて商品名に感嘆符をつけた「アラ!」、細切塩吹昆布の代名詞ともなった「塩っぺ」、珍しい一文字の商品名「パ」、さらに、「ヤーダ」「まっせ」「ポチャ」などなど、ずらり。
これらの商品の名付け親である当社の橋本譲氏によると「ネーミングに当たっては発音を第一として考案しました。青年期、私は萩原朔太郎の詩にある独特の擬声語や擬音に大きな影響を受けました。人が発する言葉、叫びなどを商品名にしたい。普遍的な語を商品に与えたいと考えて名付けました」とのこと。 いつまでも新鮮な響きがあり、若者から「この名前いいなー、新しい感覚だね」と言われることがあります。昨今の当て字の多い商品名の中でも群を抜いてユニークな存在です。
ブンセンの車はピンクだった?

nhdo6昭和30年代半ば、ブンセンの自動車が濃いピンクに統一されました。当時、赤い車は消防署から認められておらず、濃いピンクが使用されました。塗料は特別に調合してもらったものでした。

現在では、濃いピンク、ショッキングピンクなどピンク色をよく見かけますが、当時はかなり奇抜で、街中を走ると一目でブンセンと分かり、ブンセンを知ってもらう役目を充分に果たしました。昭和40年代ごろから赤い車が販売されるようになり、昭和52年に現在の赤に変更されました。

ブンセンの車の側面と背面には動物や野菜のイラストが描かれています。
これは愛称と番号によって車種が区別できるように付けられました。
車の愛称・イラスト一覧はこちら ブンセンの車

働く女性の強い味方 「ちびっこ園」

nhdo7ブンセンでは、昔も今も数多くの女性が働いています。「女性が社会に進出する時代が来る」との考えから、子どもを持つ女性が安心して働けるように、昭和44年に社内託児所「ちびっこ園」が誕生しました。そして、現在まで数多くの子どもたちが「ちびっこ園」を巣立っていっています。

お惣菜・お弁当・お菓子などいっそう多角化へ

nhdo8
「女性がご飯やおかずを買う時代がやってくる」と経営陣が考えたのは、今から30年以上前のこと。まだまだ専業主婦が多かった時代の話です。ブンセンは昭和50年代から、おむすび、お菓子、お惣菜、お弁当、お寿司などの分野に相次いで進出し、着実にお客様の支持を得てきました。

2008年、地元たつの市にお惣菜、お弁当、つくだ煮などを販売する直売店「ブンセンキッチン」一号店をオープンしました。創業以来、4工場、17事業所、6子会社と事業は拡大しましたが、「品質本位に考える」「お客様のニーズにきめ細かく応える」「損得ではなく、信念を持ってお客様の信頼を得ていきたい」という創業当時の精神は、ずっと生き続けています。

TEL 0791-75-1151 9:00〜17:00(土、日、祝日を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ブンセン株式会社 All Rights Reserved.